自分は吸血鬼ドラキュラの息子だと信じるルーマニアの男性。棺の中で眠り献上された血を飲む

no title

 ルーマニアと言えば吸血鬼ドラキュラの伝承が色濃く残る土地柄だ。

 トランシルヴァニア地方には、ドラキュラのモデルになったヴラド・ツェペシュ(ヴラド3世)がいたし、ブラン城はドラキュラ居城のモデルになった城だ。

 そういった環境に慣れ親しんだ結果こうなってしまったのかどうかはわからないが、ルーマニアの若者、アンドレアス・バートリーはドラキュラの息子であると信じている。

 4年前、夢の中で彼の父親を名乗るドラキュラ「闇の王子」に誘われたことがきっかけで、かつて彼の父親が歩いたと言われている場所からそう遠くない場所で、ドラキュラのごとく棺の中で眠り、献上された血を飲むのだ。

続きを読む

Source: カラパイア


PAGE TOP